敏感肌におすすめのクリームとは

category01

敏感肌の人は、肌に合うクリームがなかなか見つかりません。低刺激であっても必要なケアが行えなければ意味がありませんので、その両方を兼ね備えている商品というとかなり限られてきます。

敏感肌の場合、高保湿成分であるセラミドが含まれているクリームがおすすめです。


敏感肌の人は肌のバリア機能が低下している状態ですので、保湿をしっかりと行えるセラミドが有効です。

おすすめの敏感肌スキンケアに関する特集が満載です。

セラミドの中でも1・2・3などと数字がついているタイプはヒト型セラミドに分類されて肌に優しいのでおすすめです。

信頼性の高いNAVERまとめの情報を掲載しています。

天然セラミドも効果が高くて肌にも安心ではありますが、費用が高くなりますので使い続けることを考えるとヒト型セラミドの方が良いかもしれません。セラミドの含まれているクリームを取り入れる際、一緒に刺激となる成分が含まれているものは避けなければなりません。敏感肌の人が気をつけなければならない成分として、アルコールや香料、ビタミンC誘導体などがあります。



アルコールは配合量が多い場合には肌中の水分が奪われてしまいますので乾燥が更に悪化してしまいますし、香料はたとえハーブなどの天然の香料であってもいくつも入っていると刺激になる可能性があります。

ビタミンC誘導体は美白対策や美肌対策で広く用いられている成分ですので意外に感じる人もいるかもしれませんが、配合量が多くなると乾燥が引き起こされます。

他にも着色料は肌への負担が大きくなりますのでおすすめできません。

納得の真実

category02

敏感肌におすすめのクリームのポイントは主に3つあります。1つ目は優れた保湿成分が配合されていること、2つ目は、肌に刺激となる成分が含まれていないこと、3つ目は長く使い続けることができるタイプを選ぶことです。...

subpage

1から学ぶ美容

category02

肌質にも様々な種類がありますが、特に敏感肌の人は外的な刺激を受けやすく、乾燥もしやすいので、老化も進みやすい傾向にあります。それゆえ、化粧水やクリームなども選び方を間違ってしまうと、肌が荒れてしまう、赤み、かゆみが出るなどのトラブルが起きやすいので、慎重に選んでおく必要があります。...

subpage

美容の特徴紹介

category03

化粧水やスキンケア用品を付ける事で赤みが出たり、ヒリヒリしたりとする敏感肌の方は化粧品の選び方にも苦労していることでしょう。スキンケア方法はもちろんですが、化粧品の選び方も大切です。...

subpage

知っておきたい情報

category04

敏感肌の女性が新しい化粧品を購入したいときは、ランキングを参考に選べば、失敗することが少なくなります。普通肌の人よりも、外界からの刺激に弱いので、下手に添加物が多いものを選ぶと、香料や着色料、アルコールなどの成分が肌に負担を与えてしまい、ひどい肌荒れを起こす可能性があります。...

subpage